マルチ商法の集会に行ってみた話(連れてかれたんすけどね)その1

今日は、打ち合わせやら急ぎの作業が立て込んでおりまして更新がこんな時間になってしまいました。

 

午前中にいらしたお客様が、いつもこの記事をご覧になっていただいているとのことでしたので、誰も見てないだろうから適当に更新しようという怠け心を引き締めてまた毎日更新してまいろうと思います。

 

今日は1日の大半を、技能実習生から特定技能への在留資格変更許可申請の作成や添付資料の確認に費やしておりました。

 

この許可は添付資料が本当に多いです。

医療法人の設立認可申請書の添付資料と同じくらいあります。っていっても行政書士にしかわからないですね(笑)

 

いまのところ資料作成の難易度や添付資料の多さまた締め切りのタイトさで、私の扱う業務のしんどさを比較しますと

 

医療法人の設立認可申請

>特定技能の在留資格の変更許可申請

>特定技能の在留資格認定証明書交付申請

>建設業許可申請

>旅行業登録申請

>特定技能以外の在留資格の許可申請

>その他

 

って感じですね。

 

ある程度件数こなしてこなれてきたら、だいぶ楽になるんでしょうが、最初はなんでも大変です。

 

 

というわけで、今日はくたびれはてて、たいした話も思い浮かばないので過去ログサルベージ!

 

昔書いていたブログから、まるっと転載してしまう超絶手抜き技でございます。

 

 

 

~マルチ商法の集会に行ってみた(連れてかれたんすけどね)~




マルチ商法 ってみなさんご存知かと思います。

 

ネットワークビジネスですとかネットワークマーケティング、マルチレベルマーケティングだとかいろいろな呼び方がありまして、やってる方は、必ず「ネズミ講とは違います!」とみなさん胸張っておっしゃいますが、まあ、人間関係を金に換えちゃって、金の切れ目が縁の切れ目なのは一緒。

 

人生で大事なものトップ3であるはずの、「家族関係・友人関係・仕事の人間関係」を破壊してしまうという恐ろしいものですね。

 

ハマル人は、まず

 

①マルチ商法の人間関係が構築されていきます。

   ↓

②そして、周りの人にあなたももうかるからと勧めまくります。

   ↓

③当然良識ある人々は眉をひそめます。

   ↓

④結果、もともとあった周りの人間関係が失われていくので、ますますマルチ商法関係の人間関係に依存していきます。

   ↓

⑤マルチ商法人間関係の中でどんどん価値観が世間と乖離していきます。

   ↓

⑥そのためさらに既存の人間関係を失っていきます。

   ↓

⑦そして④に戻ります。



こんな負のスパイラルに陥るんですよね~。





そんな私がマルチ商法に出会ったのは大学2年生のときでした。

 

行政書士への道をご覧になった皆さまならご存知の通り当時の私はアホ×アホ。アホの二乗みたいなやつでしたけれども、ネズミ講の胡散臭さは知ってました。

 

乗数計算ができなくっても倍々ゲームを考えればわかるその仕組み。

 

そう考えるとドラえもんは偉大ですね、バイバイン ていう道具ありまして子供に数字の大切さを教えています。



ですので、私が出会ったのは大学の友人とアルバイト先の先輩がマルチ商法にハマり、勧誘されたことぐらいでした。

 

彼らはやっぱり友達なくしてしまいましたね~。

 

明日へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です