在留申請のオンライン手続

ちょいとニュースとしては旧聞に属するんですが、外国人の在留資格の各種申請がオンラインでできるようになりました。

いま日本に滞在している外国人のかたは、在留資格の更新やあるいは変更許可申請など。

 

または海外から外国人を呼び寄せたいというときには在留資格認定証明書交付申請が必要なのですが、すべて自宅やオフィスのPCでできるようになっております。(「外交」と「短期滞在」の在留資格は除く)

 

私ども渉外取次を行う行政書士は、取次行政書士証を、外国人本人は、マイナンバーカードを取得すれば、オンライン手続きに登録できますのでご自身でも手続きができるようになります。

 

コロナ禍前は、東京入管は本当に混んでいましたからね。

オンライン手続きができるようになって本当に助かります。

 

私が行政書士を始めた2003年ごろは、役所のホームページも牧歌的な感じで、おそらく職員の中でちょっとPCに詳しい人がホームページビルダーで作ったんだろうなって感じのほんわかしたサイトも多くて、当然オンライン手続きなんかできませんし、そもそも情報量も少なくて住所や電話番号の確認くらいしか使えなかったんですが、そのころに比べると隔世の感があります。

デジタル庁もできましたし、行政手続もどんどんアナログからデジタルへ移行していってもらいたいもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。