相談の日

今日はお客様からご相談いただいたんですが絶妙に私の行政書士の守備範囲外のご相談でした。

土地の分筆の期間の話ということで最初司法書士さんにお聞きしたら、分筆は土地家屋調査士さんが測量したり隣地との境界画定しないといけないらしく土地家屋調査士さんにもお尋ねして大変勉強になりました。

 

普通に暮らしていると〇〇士といわれる士業はみんな似たようなことやってるんだろうと思われがちですが、それぞれ専門範囲が違うんで、全然知らないことたくさんあるんですよね。

 

しかしいろんなこと知ってないといけない仕事の人は大変ですね。

偉い人がブレーンをそろえたくなる気持ちはわかります。

 

判断するにも情報がないと判断できませんし、情報をとるにも専門知識がないとわからないことも多い。

時間も限られているし、なにもかもを把握しきれませんから餅は餅屋に頼りたい。

 

信頼できるブレーンを見つけられたらこれは強いですよね。

私もお客様から信頼できるブレーンとみなされるように業務知識の研鑽を欠かさずやってまいりたいと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です