乗り物酔いの辛さ

いやあ帰りの運転はツライ(笑)

私は眠いし、子供は山道で車酔いいたしますしで大変でございました。

 

でも気持ち悪いってときは本当にしんどいですからね。

バーベルスクワットで息切れしちゃって酸欠で気持ち悪い時なんか本当に吐きそうだし力は入らないしでもう大変です。

 

私自身は全然乗り物で酔わない人間なので、乗り物酔いの辛さがわかりませんでしたがバーベルスクワットの酸欠のときに気持ち悪さを体感した後に、乗り物酔いしている人に心から寄り添うことができました。

人間はついつい自分が基準で自分ができることは人もできて当たり前、自分が平気なことは他の日とも平気と考えがちですが、決してそんなことはありませんもんね。

 

なるべく相手の立場に立ちたいと思いますが百聞は一見に如かずで一度同じ立場になって見ると心底理解できたりします。

弱音を吐いてる人に、ついつい𠮟咤激励しがちですが自分も同じ立場になってみると𠮟咤激励よりも共感してあげることができたりして、そうしたほうが往々にして𠮟咤激励するよりも相手がまた頑張れたりするもんですよね。

 

アドラー心理学にも似たようなことが書いてありました。

子供に対しては、ついつい上からの言動をしてしまいまいがちなのでフラットに横から話していきたいと思った次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です