般特新規

世の中のほとんどの人は聞いたこともないでしょうこの言葉

「般特新規」

 

何かといいますと、建設業許可の種類の一つなのですが、建設業許可は一般建設業と特定建設業に分かれます。

一般建設業の許可をすでに持っている建設業者が、特定建設業に切り替えたい

または

特定建設業の許可をすでに持っている建設業者が、一般建設業に切り替えたい

という場合において、この般特新規という申請の区分になるんですね。

 

建設業者許可は、28の工事業種による区分、一般と特定という区分、さらには知事許可と大臣許可という区分と、さまざまな観点から細かく区分されておりますのでややこしい限りです。

 

というわけで今日の午前中に、都庁の建設業課にて般特新規申請を済ませてまいりました。

 

コロナの関係でいまは建設業課は午前中しかやっていないので不便ですね。

しかしなんとか無事に受理されまして一安心です。

 

午後はまた別件のお客様先で資料作ってきていまほど帰ってまいりました。

 

久しぶりに役所に行くと、移動時間で往復90分くらい、順番待ちの時間とか、申請してから申請書の確認の時間とかで90分くらい。

あわせて3時間くらいは取られますね。

 

ここんとこ郵送申請で済ませてしまっているのでとても時間がかかった印象です。

 

今後もどんどんオンライン申請や郵送申請が普及していってほしいもんです。

一回便利を覚えると不便なころには戻りたくないですね(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

トラブル対応