キーボードを変えてみました

先日来マクロをくんだり、長時間キーボードをカタカタ打つことが増えまして肩こりといいますか手首がねじれていたいんですね

腱鞘炎気味といいますか

 

そこでなにか解決策はないかと検索してみましたら人間工学に基づいたエルゴノミックキーボードというものがあるんだそうでしてね

さっそく口コミを見ながら検討して買ってみました。

 

Surface Ergonomic 無線キーボード (日本語キー配列)

 

 

キーボードとしてはかなりのお値段で、勇気がいりましたけれども長い目で見たら健康に勝るものはないだろうということで清水の舞台から飛び降りる気持ちでえいやっと購入いたしました。

 

本日届きましてさっそく使ってみていますがご覧の通り普通のキーボードと場所が大きく異なっておりまして、打刻に少し慣れが必要です。

私はいままでGやT、Bなどのキーを右手の親指で打つ癖があったんですが今回のキーボードは間に空間が空いているため、、右手の親指ではTGBに届きませんので慣れない指運びになっております。

それでも使っていくうちになれるでしょう。

 

問題はこちらに慣れたら慣れたでノートパソコンを使うときには違和感を感じちゃうだろうってことですね(笑)

まあ出先で超長文を打たなければいけないようなことは少ないのでそれは考えても仕方ありますまい。

 

とりあえずは新キーボードに慣れてマクロも慣れて効率アップ、時間当たりの生産性を向上させていきたいと思います。

 

慣れない今は誤字脱字しまくりで生産性が激減しておりますけどね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です