政策金融公庫のコロナ融資

今日は、午前中に月次の取締役会を行って今後の段取りについて話し合ってきまして、午後は政策金融公庫の東京中央支店に行ってまいりました。

新型コロナウイルス感染症特別貸付

の面談だったんですが、申込んだのが3月23日ですが、とにかく混んでいて、面談が2週間後という大混雑ぶり。

融資実行まで早くても4月中は難しいとのことで、これはもうキャパオーバーなんでしょうね。

しかし3月23日の申し込みの時点では念のため手元資金を厚くしておこうくらいの軽いつもりだったんですよ。

それがこの1週間で状況が大きく変わり、従業員の健康やお客様の健康を鑑みて、休業せざるを得ない状況にまでなりました。

セーフティネット融資も準備しておりますが、こちらも申し込み殺到してるでしょうからどれだけ時間がかかるものか。

普段の美容室は日銭が入りますから資金繰りで悩むことはありませんが、今回は別です。

まあ、いままでもなんとかなってきましたし、今回もなんとかなるでしょう。なるっていうか何とかするんですけどね。

為せば成るということで、今回の対コロナ戦争を戦い抜きますよ(゜∀゜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

緊急事態?