特定技能への在留資格変更許可申請

今年の頭くらいから、名古屋と大阪入管へ、在留資格の変更許可申請を依頼されてたんですよね。

それも、在留資格「技能実習」から「特定技能」への変更という、ホットな手続き。

 

私は基本的には、技人国とか永住、家族滞在など、基本的にホワイトカラーの在留資格を雇用する会社さんがお客様でして、技能実習なんかは全然やったことなかったんで、勝手が違って大変でした。

 

名古屋は1月27日に申請して、大阪はその1週間後の2月3日に申請しました。

 

こちらの2月28日の記事に書きましたけど、大阪の案件は2月28日に許可が出ましてね。

よかったんですが、先に申請した名古屋のほうがなかなか許可がでない。

 

まあ、初申請ということで書類の不備がめちゃくちゃいっぱいあったのと、9名同時申請という単純にボリュームが多かったこと、大阪と名古屋の入管の混雑具合の差などいろいろな要因があったかと思いますが、今日無事に名古屋の方も許可がおりたと連絡がありまして、一安心です。

 

いやあほんと難産でした。

技能実習の在留期限が3月14日でしたので、10日ほどブランクというか技能実習でも働けず、特定技能の許可もないので働けずという、受入れ機関の企業様にはご苦労をおかけしてしまいましたが、結果的には無事に許可が下りましてよかったです。

 

私も初めて尽くしですからね。

特定技能の在留資格にかかる申請自体初めてで、名古屋入管自体も初めてで、依頼者が雇用主ではなく登録支援機関であるというケースも初めてですし、不手際たくさんあったかと思いますが、初めてのことを多く経験できましたおかげでずいぶんと成長できた気がします。

 

なんでもやってみたほうがいいですね。

こないだ弁護士さんに勧められたけど断っちゃった本書きましょうって話もやってみようかなと思いました(゜∀゜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

異業種士業交流会

次の記事

明日は栃木出張