行政書士事務所の一日

行政書士事務所の仕事ってどんな感じかお伝えしましょう。

 

まず朝はだいたい、メールチェックしてメール返信をします。

そして次に、その日にやる申請書等の作成をだいた午前中にアポがないときは頭がさえてる午前中にやってしまいます。

 

その間にお客様からの電話問い合わせ対応などもしておきます。

 

午後は、打ち合わせの時間にあてたり、お客様から押印をいただいてコピーを取って正副控えなど完成した申請書を役所に提出する時間にすることが多いです。

 

人に寄るでしょうが、私は頭を使う作業は午前中にまとめてやってしまうほうが好みです。

夜につかれた頭でやるよりも能率がいい気がします。

 

ただし、例外的に入管など時間がかかることがわかりきってる役所の場合には逆に朝一に入管に行ってしまいます。

受け付け9時からですが、8時半から入り口を解放してくれるので8時半ごろに行きますと9時半か遅くとも10時には申請が終わったりしますので、そのあとゆっくり資料作成をする感じですね。

 

ちなみに、行政書士としては、上記のとおりですが、ワタクシは美容室の会社の管理部門担当もやってる変わり種ですから、上記の仕事に加えて、日時の売上や送付される請求書を会計ソフトに入力したりする経理事務。

月初は、月末締めの給与計算して給与明細を作成し、振込予約をする人事業務。

また入社する人や、退社する人がいる場合にはハローワークや年金事務所の手続きをしますし、先月の売上を集計して個人別の成績表を出したり、再来率を出したり、社内向け資料の作成なんかも致します。

経費精算して振り込みしたり、育児休業給付金の申請もしたりと、一般の会社の経理総務担当の方がするような業務ですね。

これらもやっております。

 

総務担当ということはトラブル対応もやります。

こないだうちのお店から漏水して下階店舗にご迷惑をおかけした案件などは、損害賠償金額の確定や折衝、保険会社との相談などもやりますし、不良社員が逆恨みして、会社を訴えるなんて言ってきたときには顧問弁護士さんにご相談して対策を練ったりと様々ですね。

 

どちらが本業ですか?なんて聞かれることも多いくらい、風貌も行政書士らしくなくなっておりますが、心はいつでも行政書士の田中です(笑)

 

お客様へ資料収集を依頼して、返信待ちなんて空いた時間にこうして日記を書いております。

もはや本更新はニュースというよりも日記。

 

田中建太郎という人となりを知っていただけたらいいのかなという思いだけで書いております。

でもいい加減よもやま話ばかりだとアレなんで明日からは、私の好きな本の紹介でもしようかと思います(゜∀゜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です